さよなら全てのエヴァンゲリオン!

アマゾンプライムで早速公開されていたのでシンエヴァンゲリオンを見ました。

本当は劇場に見に行きたかったのでですが、なかなか機会がなく公開終了後すぐにサブスク配信をしてくれたのはとてもありがたかったです。

ただ、率直な感想を言うと劇場に行けなくてよかったかな・・・という感じです。

エヴァンゲリオン自体には放映当時夢中になって見ていましたが、個人的にはTV版の最終回で満足していたので徐々にエヴァ熱も収まっていきました。

旧作の映画版も監督のインタビューを見る限り観客が納得するような終わり方にならないだろうという大方の予想通りの結末だったため、もうエヴァは卒業だよねと大多数のファンだった人々と同じく作品との距離も離れていきました。

大人気作品だったため、その後も途絶えることなく目にすることはありましたが昔のように情熱を持った目で触れる事もなく、へぇまだ人気なんだね~懐かしいなぁくらいの感覚で遠巻きに眺めているくらいでしたが、新劇場版が公開された時に友達に誘われて序と破を見に行きました。

序を見た時の感想は「TV版と一緒なのか。新しく書き直してラストだけ変えるのかな」と思っただけでした。

しかし破を見たときに、これはエヴァじゃないんだな。俺が好きだったエヴァンゲリオンはなかった事になったんだなと思いました。みんな他人の事なんて考えずにわがまま言い合って軋轢生みまくってく中でドラマになるのがエヴァでしょ。登場人物だって人間の嫌な部分ばっかり出して好意的に見れるのなんて委員長とホモ枠でカヲル君くらいだったじゃん。なにみんなポカポカしてんだよ。挙句の果てにゲンドウまで擦り寄ってきてんじゃないか。こんなのエヴァじゃない!とちょっぴりさびしくなった事を憶えています。昔より逞しくなってネルフのピラミッドに登っているシンジ君はかっこよかったです。

破からQまでの間に私自身は結婚し友人とも疎遠になり、妻はアニメを見ないので「今度の休日はアニメ映画を見に行こうよ!」とは言えずQは観ませんでした。

今年になって完結編の映画が公開されるという事からかアマゾンプライムに過去の映画版が公開されていたので夜中一人で見てみたところ序と破から受ける印象は以前に劇場で観たときと全く同じでしたが、Qが全く新しい設定になっていたのと登場人物の感じ悪さが昔のエヴァンゲリオンと同じようで非常に楽しめました。

世間では、Qは非常に評判がよろしくないようですね。確かに評価の高い破の流れを思いっきりぶった切ったり、北斗の拳が連載していた時代のようなご都合主義というか脚本の無理やり感が否めないですが、そこらへんは登場人物の心情を考えると納得することが出来ると思います。

ニアサー?だって傍から見てれば「使途だけ倒してれば起きなかったんじゃない、なんかパイロットが余計な事したらしいよ」という事を聞けば、お前のせいで私の家族は、という心情になるのも理解できます。

物凄い突っ込まれてる、槍抜こう→やっぱやめよう→うっせぇ抜くわ のくだりですが、シンジ君は多感な14歳です。お前が世界を崩壊させた。けど、それを無かった事にできると言われれば、そうしてしまうのは止む無しだと思います。ちょっと分かりやすいように例えるなら追証発生して全財産を失う時に冷静な判断ができるかという事です。

追証が発生して全財産5000万がパーになる時に、

「君の無茶な投機で追証が発生していまい口座残高はマイナスになってしまった。その結果、奥さんと子供は出て行ってしまったんだ。それが君が昨日、気を失っている時に起こった事だよ。株式投資で発生した負債は自己破産は対象外なんだ。だけどまだやり直せる。過去のすべての相場を調べたところ明日にはトレンド反転して10年来の高値を更新していくよ。間違いない。僕だけは信じてほしい。さあ1000万無償であげるよ。これだけあれば追証は免れるだろ」

と言われれば泣いて感謝しますよ。けど2時50分ギリギリで振込時に入金ボタンを押す直前で、「ボソボソ・・・やっぱりやめよう!」なんて言われて止められますか?

多くの人が、「うっせぃこちとら人生かかっとのじゃ!!!」と冷静な判断が出来ずに入金してしまうのではないでしょうか。

私は初めて10万円の含み損を抱えた時、34歳でしたが洗濯洗剤の詰め変えをしている時に目の前で洗剤があふれているのに止められませんでした。14歳のシンジ君です。金どころの話じゃないうえに信頼していた仲間からはガミガミせっつかれてます。そんな状況では映画のようになるのは必然です。ちょっと見せ方が悪かっただけです。

それとQの何が良かったってラストシーン、シンジ、レイ、アスカの初期3人になって再スタートを切るという所ですTV版のファンとしてはたまらない演出でした。やっぱり最後はこの3人になって完結編に突入するんだね!というわくわく感で終わったため完結編はネタバレをうっかり目にする前に劇場に行きたいと思わせるには十二分な出来でした。

で、やっと当初の話に戻ります。お盆休みに夜中一人でシンエヴァンゲリオンを観ました。

レイもう出てこないの?とか、みんな優しいって、こっちは初日以外レーション口に突っ込まれた所しか見てねぇぞとか、話が説明的で長いとか、今さらゲンドウの自分語りいる?とか、ラストシーンとかとか色々言われていますが、自分としては単純にアスカの件で脳破壊されました。

こんな予定調和なのエヴァじゃないとか、破でエヴァがハーレムアニメになっちゃったよとか散々文句を垂れていましたが、自分も例外なくポカポカの魔力にやられてしまっていたようです。

TV版や旧劇を見ていた時は誰が好きとかはなかったはずなんです。そう思いこみたいだけかもしれませんが。

ただTV作品を見ただけならこんな事にはなってないと思います。さすがに四半世紀も認識していると来るものがありますね。破の時から負けヒロインというか、気持ちに素直になれず、レイに対してもあんたがそうなら私は引くわな感じもあり、そうなるっちゃそうなるよなというところではあるのですが、相手まで用意されるとなかなかに・・・

救いとしては冷静に思い返してみると14年間ずっとシンジの事を思い続けていたんだという描写が随所にあり、決してシンジ君が寝てる間に寝取られたわけではないと思えるのが、よく出来てるなと思いました。Qから一貫して言動、行動すべてにおいて自分を見てくれない事への苛立ちだけで構成されています。とはいえ、とうのシンジ君に全然その気がなさそうなので可哀そうですが仕方ないですよね。

破のラストでレイを助けるためにシンジ君飛び込んでいきましたが、事前にアスカの事があったから今度こそはと思っていたからあそこまでアグレッシブになれたのか、順番が逆だったらアスカにも同じように出来たのか。考えてもしかたないことですし、最後は自分の気持ちに気づけて幸せになれそうなので良しとします。

あとは達観しすぎのシンジ君ですかね。風呂敷たたむためとは言え聞き分け良すぎだよ。

ゲンドウの気持ちを語られても、ちょっと間がさしたから人類滅ぼすねとしか思えないような理由なんだから、「そんなことかよ、お前のせいで俺の人生めちゃくちゃだよ」とコックピットのなんかハンドルみたいのをガチャガチャやりながら怒ってもいいじゃないか。そうでなくてもひどい父親なんだから。

欲を言えばQで大胆な設定変更もあったのでナンチャラインパクトも起こさせないとか前と変える事もなかったのは、ちょっとつまらなかったです。そうしないとみんなも救われないし、そもそもオチもつけられないよなってのは分かるんですが旧劇も見てるので、終盤の展開も変えて完全に新しいものを見たかったというのはありました。

そういえば人類補完計画とかゼーレとかは新劇では出てきたんでしたっけ?昔は狂ったように人類補完計画を連呼してたし、旧劇でも出てきたのでデッカイ綾波を当たり前のように受け入れてましたが、なんか唐突じゃなかったかと。新劇だけ見てる層はこれ大丈夫なのかななんて思ったりもしました。

見ていた時は手に汗握るシーンや泣けるシーンもあり、面白い所は面白いよねと思ってみていたのですが、見終わった時点での感想はなんじゃこりゃでした。

しかし、一夜明けてみるとまだ高校生だったころに始まった作品がやっと終わったという事で”ありがとう”という気持ちです。旧劇であんなことになってしまったけど、なんかよく分からないけど世界をやり直せて今度はハッピーエンドなんだね。よかったよかった。本当に「終わってくれてありがとう」という気持ちになります。ただの映画4本という事ではなく人生の一部を共有したエヴァンゲリオンという壮大な物語だったんだなという感じです。

こんな感情になる作品は一生のうちでも出会えないですよ。

最初にも言った通り自分としては、エヴァはTVで完結、もうそんなにやらなくていいでしょ、と斜に構えた態度で接してきました。それがこうして新作を見てあーだこーだと文句が出てくるのを思うと、なんだよ俺エヴァ大好きじゃんという事をひしひしと感じます。

思えばフルハウスが見終わってニンジャタートルズでも見るかとNHKからテレ東にチャンネルを切り替えて、使途に飛び掛かっている初号機を見たときから、その瞬間に一目惚れしていたんだったと。旧劇でちょっと疎遠になった時もあったけど、その後もなんだかんだ当たり前のようにそばにいてくれました。四半世紀にわたる大恋愛をありがとう。

そして、さようならすべてのエヴァンゲリオン

でもラストシーン、シンジ君が声変わりしたとしても、あんな声にならないと思うんですよね。勝手にあのシンジ君だと思ってだけで、やっぱり別人なんじゃないですかね?

本物のシンジ君探しに、もう一回やり直してもいいじゃないですかね?