上がる株を探す銘柄スクリーニングの方法

今回は単純に私の経験測の話です。

しかし、裁量トレードでもシステムトレードでも結果を出すためにはとても重要な事なので、これから株式投資をやりたいとか、なかなか結果が出せないとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

株式投資をするためには当たり前ですが、まずはどの銘柄に投資するかを決めなければなりません。

私はテクニカル信奉者ですが、銘柄選定をするのにテクニカル指標は使いません。

証券会社で使えるスクリーニングで、RSIやストキャスが売られすぎ銘柄を見つけても単純にオシレーターがその位置にいるだけなので、そこから始めるだけだと一生勝てるようにはならないと思います。

鉄則ではありますが個別銘柄を投資するなら、これから株価が上がる可能性が高い銘柄で勝負する以外にありません。

ファンダで選定という事になりますが、私は短中期投資しかやらないシステムトレーダーなのでPERなどは使いません。

短期の値動きに横文字系ファンダ指標はまったく機能しないと思います。うまくいった記憶がありません・・・

銘柄選定には単純に売上が毎年増えていっているかだけを見ています。

  • 毎年売上が増えている
  • 来期予想の売上も増えている
  • 来期予想の営業利益も増えている

これら三点が該当する銘柄からテクニカル分析でエントリータイミングを探っています。

売上増大、上方修正や新高値更新といったことがあり注目されている銘柄のほうが株価も動きやすいです。

ファンダメンタルだけ、テクニカルだけとならずに視野を広げて、単純に株価が動くものを見つけるにはどうしたらよいかという事を考えるとよいと思います。

肝心のエントリーですが、やはり上がる前にエントリーしたいなと思いますよね。

選定した銘柄の中から、一ヵ月ほどヒストリカルボラティリティが低水準で推移している銘柄に投資します。

一ヵ月ほど持ち続けると、売上成長と株価の差を埋めるように値が動きます。

株価が上がったらMACDヒストグラムが下降しだしたら手仕舞い。

株価が下がったら損切りです。

時価総額が低い株ほど、売上だけで絞ったほうが株価に反応する傾向にあるように思います。

良い意味で投資家から注目が集まっている銘柄なら、これまでうまくいかなかったテクニカル手法も簡単に勝てる事も多々あるので勝ちやすい銘柄から投資に入っていくことをオススメします!

タグ: , , , ,